シミ取り治療をレーザーで行う場合の照射時と照射後の痛みの具合を調べました。

シミ取りレーザー治療の痛み

鏡を見るたびに溜め息が出てしまうシミのお悩み。
一度できてしまったシミを綺麗に消すことは難しく、化粧品や飲み薬で効果を実感できた方は結構少ないようです。

 

どうしても消したいシミを取る最後の手段がレーザー治療です。
しかし、「レーザーは痛い」という噂を聞いたことがある方も多いと思いますし、施術の場所がお顔ですからちょっと怖いですよね。

 

そこでこちらのページでは、レーザーのシミ取り治療の「痛み」について、詳しくご紹介していきたいと思います。

 

 

レーザー照射時の痛み

 

どのくらい痛い?

 

シミ取り治療の際のレーザーの痛みの度合いを表現する際によく言われるのが、「輪ゴムをパチンと弾いたような感じ」です。そう言われると、あまり痛くなさそうなイメージですよね。

 

同じレーザーでも、炭酸ガスレーザーによるホクロ除去などの場合は、皮膚を切除するため局所麻酔をするようですが、シミ取りのレーザー治療の場合はそこまでの痛みの心配はありません

 

その理由は、レーザーの照射時間がなんと1秒に満たないほど短い時間だからです。
複数回照射をしていくうちにジンジンと感じてくることもあるかもしれませんが、痛みに弱い方や心配な方には冷却や麻酔クリーム、麻酔テープを使用して治療を受けることも可能です。(プラスの料金がかかる場合あり)
診察の際に医師に相談しておきましょう。

 

 

レーザー照射後の痛み

レーザー照射直後の患部は、軽い火傷のような状態になっているため少しヒリヒリとした痛みを伴うことがあります。
我慢できないほどの痛みではなく、自然に治ります。

 

その後のダウンタイムに痛みはありません。
照射部分ではかさぶたが形成されるため、逆にかゆみを感じる方がいるかもしれません。
しかし、かさぶたは絶対に触らないように注意し、自然に取れるまで我慢しましょう。

 

かさぶたを触らない

 

 

まとめ

レーザーのシミ取り治療の痛みについてご紹介いたしました。
我慢できないほどの痛みではないと言われていますが、麻酔クリームを希望すればほぼ確実に無痛で治療が受けられることがわかりました。
術後の痛みに関しても、それほど心配はいらないようですね。

 

しかし、痛みの感じ方には個人差がありますので、不安な方は事前に医師へ相談しましょう。