レーザートーニングは弱めのシミ取り施術のため、ダウンタイムがあると困る人におすすめのレーザー治療です。

年齢と共に濃くなったり、気づかないうちに増えていくシミ。
鏡を見るたびに落ち込んでしまいますよね…。

 

そんなシミを取るための物理的な手段がレーザー治療です。
レーザー治療には、ルビーレーザーYagレーザーなどの機器が一般的に知られていますが、最近ではレーザーが不向きと言われていた肝斑治療にも有効な「レーザートーニング」という方法が登場しました。

 

こちらのページでは、「レーザートーニング」についてご紹介していきたいと思います。
特徴や効果、注意点などをまとめていきます。

 

 

レーザートーニングとは?

レーザートーニングとは、シミ取りレーザー治療に有効なQスイッチYAGレーザーの一種です。

 

レーザートーニングの機械

出典:品川美容外科
https://www.shinagawa.com/skin/toning/

 

QスイッチYAGレーザーは、532nmと1,064nmの2種類の波長を放射できるため、一台で皮膚の浅い部分と深い部分のシミを治療することができます。

 

これまでのレーザー機器は、照射する光のエネルギーが不均一で、光の中心部は強く、中心から離れるほど弱くなっていました。(ガウシアン型)
そのため、強いエネルギーを受けた皮膚は炎症を起こし、弱い部分では効果がなかったり逆に刺激をしてシミを悪化させてしまうことがありました。このことから、肝斑治療には使用されていませんでした。

 

しかし、新しい技術で登場した「レーザートーニング」は、光のエネルギーを均一に放射することができるんです。(トップハット型)

 

 

上からの図

 

 

断面図

 

通常のレーザーシミ治療と異なり、弱目にレーザー照射をし、炎症を起こさないように少しずつ肝斑のメラニン色素を取り除いていきます。
弱いパワーのため、Qスイッチレーザーのように1週間のダウンタイムなどがないメリットがあります。

 

一方で、レーザートーニングは1度の治療で完治は難しく、数回の治療が必要になります。
施術時間は数十分で終了します。

 

シミに関連した治療だけでなく、毛穴の黒ずみや開きなどの治療にも用いられ、1台で美容医療の様々な治療に活躍しています。

 

 

レーザートーニングの効果

  • シミ(黒、茶色)
  • そばかす
  • アザ
  • 太田母斑
  • 刺青(青、黒、茶、赤)
  • 肝斑(レーザートーニング)
  • 毛穴(レーザートーニング)

 

 

レーザートーニングの術後

レーザートーニングを受けた後の皮膚は赤くなりますが、数時間程度で治ります。
Qスイッチレーザー治療のように、テープ保護などの必要はありません。
メイクも可能です。

 

 

レーザートーニングの回数

レーザー治療の必要回数は、シミの種類・サイズ・数・濃さ・深さなど、状態によって異なります。
弱いパワーでレーザー照射を行うため、1度で完治は難しく、数回の通院が必要になります。
回数を重ねて徐々にメラニン色素を破壊していきます。
治療の感覚は、1~2ヶ月置きが目安です。

 

 

レーザートーニングの値段相場

シミ治療はシミの状態や種類などで料金が異なり、さらにクリニックごとにばらつきがあります。
レーザートーニングを受けられる大手クリニックの料金を調べました。

 

※価格は税抜です。

範囲 初回 2回目以降
品川美容外科 両頬 2,800円 5,400円
顔全体 4,800円 8,500円

 

範囲 トライアル(1回) トライアル(コース)
湘南美容外科 両頬 2,592円 24,074円(5回)
顔全体 6,944円 13,888円(3回)

 

範囲 初回 3回コース 5回コース
シロノクリニック 両頬+鼻 40,000円 108,000円 160,000円
顔全体 60,000円 162,000円 240,000円

 

範囲 初回 1回 5回
共立美容外科 両頬 9,800円 35,000円 150,000円
顔全体 15,000円 42,000円 180,000円

 

コースなどがあり、1回の治療で完治を目指すものではなく、複数回の通院を視野に入れた料金プランになっているようですね。品川美容外科は比較的安い価格設定ですが、新技術の機器のため料金は高めの印象です。
一度に照射する範囲が広いこともあり、ルビーレーザーやYAGレーザーよりも高い印象を受けるということもあります。

 

レーザートーニングの副作用・注意点

 

1.好転反応がある場合がある

レーザートーニングを行うことで、かさぶた・ニキビ・赤み・内出血・色素沈着などが起こることがあります。
1週間程度で落ち着きますが、気になる場合はクリニックに相談を。

 

 

2.紫外線対策が必要

レーザー照射を受けた部分はとてもデリケートになっているため、紫外線を浴びると、色素沈着やシミの再発をしてしまう危険性があります。
外出の際は必ずUVクリーム・日傘・帽子などで紫外線を防ぎ、これまで以上にできる限り患部に紫外線を当てないように過ごしましょう。

 

 

レーザートーニング取り扱いクリニック

レーザートーニングができる最新機器を取り扱っている代表的なクリニックはこちらです。
  • シロノクリニック
  • 品川美容外科
  • 共立美容外科

 

 

まとめ

レーザー治療の美容医療における進歩は目覚ましく、今もなお続いています。
これまで治療が困難だった肝斑もレーザーを用いて治療ができるようになり、たくさんの方のお悩みを解決できるようになりました。

 

自分が取りたいと思っているシミに最も有効なレーザー治療を受けるためには、一度医師の診察を受ける必要があります。クリニックによって導入しているレーザー機器が異なりますので、まずは機器の種類もある程度頭に入れて損はありません。